「プロミスの審査に落ちたらどうしよう…」
「どうしても今日中に借りたいお金がある…」
「初めてプロミスを使うけど大丈夫なんだろうか…」

もしもあなたがこんな不安を持っているのなら安心して下さい。

三井住友銀行グループのプロミスは、審査基準も明確なので、必要条件を満たせばあなたもちゃんと審査に通ります。

また、プロミスなら即日融資や即日キャッシングにも対応しているので、今すぐ審査を申し込めばまだ間に合うかもしれません。

それにプロミスなら初めて借りた日から30日間は無利息でキャッシングできるだけでなく、レディースキャッシングにも対応しているので安心です。

画像

プロミスなら!

審査基準が明確なので安心!
即日キャッシングにも対応している!
借りた日から30日間は無利息!

プロミスなら3つの安心があるから大丈夫!

 

そんなプロミスの審査に通るためには次の3つの審査基準を満たすことがとても大切。

プロミスは審査基準が明確なカードローンなので、あなたも安心して審査を申し込むことができるんですよ!

 

プロミスの3つの審査基準!

1.安定した収入がある
2.返済履歴に滞納がない
3.必要書類を提出している

>>3つOKなら今すぐ審査!<<

 

もしあなたが今紹介した3つの審査基準をすべて満たしているのであれば、プロミスの審査にとおる可能性はとても高いと言えます。

プロミスは会社員の人はもちろん、パートやアルバイト収入がメインの人でも、毎月の安定した収入があれば実はちゃんと審査に通るんです。

またカード類の支払で延滞がなく、審査に必要な書類を正しく提出すれば、即日キャッシングを利用することだってできるんです。

まずはあなたがプロミスの審査に今すぐ通過できるか、プロミスの「3秒診断」を利用してさっそく調べてみましょう!

きっとプロミスならあなたの心強い味方になってくれますよ!

>>プロミスの3秒診断はこちら!<<
↑詳細は今すぐクリック!↑

 

プロミスの審査に通らない人には共通点があった!

「自分はプロミスの審査に通るだろうか…」
「もしも審査に通らなかったらどうしよう」

初めてプロミスの審査を申し込もうとすると、ちゃんと審査に通るか不安になりますよね。

けれど安心して下さい。

実はプロミスの「審査に通る人」と「審査に通らない人」には、それぞれに共通点があったんです。

「2ちゃんねる」や「yahoo!知恵袋」などの口コミサイトを中心に調べてみると、年収や返済履歴、提出書類などで審査結果が大体決まっている印象を受けました。

画像

プロミスの審査では

年収がいくらあるのか?
返済履歴に問題がなかったのか?
必要書類は正しく提出できているか?

3つの内容で審査結果が大きく決まっていた

つまり、あなたが審査に通るためには、今紹介した3つの審査基準をどれだけ高いレベルでクリアしているかによって、審査結果が決まってくるということ。

今からその審査基準や対策方法についても解説してくので、あなたが審査に通りたければ、ここからは1文1文しっかりと読み進めていって下さいね。

 

年収200万円以下の人が実践したプロミスの審査対策とは?

実はプロミスの口コミを調べていると、年収が200万円以下のパートやアルバイトの人でも審査に通っている事例をよく見かけるんです。

そこで今回は、年収が200万円以下の人たちがどうやって審査に通ったのかを調べてみることにしました。

もちろん、あなたが年収が200万円以上ある正社員や契約社員であれば、審査で心配することは何もありません。自信をもって審査を申し込んでみて下さい。

 

1.安定した収入がある

プロミスの審査において、まず注目するべきなのが「年収がいくらあるのか?」という点です。

プロミスの場合、総量規制のカードローンになるので、年収の3分の1以上のお金を借りることができません。

そのため、年収が50万円のアルバイトだと貸せるお金も15万円が限界になるので、審査も厳しい印象を受けます。

プロミスでは明確な年収の基準を公開してはいませんが、一つの目安として年収が100万円以上あると、審査に通っている人が増えてくる印象がありました。

ポイント!

・プロミスの審査では年収が100万円以上が一つの目安
・年収は「額面年収」ではなく「手取り年収」で申告
・年収ではウソをつかない!

 

2.返済履歴に滞納がない

プロミスに限らず、全てのカードローン審査において特に重要なのが「過去の返済履歴」についてです。

これは他社カードローンや住宅ローン、クレジットカードの支払履歴などの返済で、大きな滞納や延滞がなかったかを調べられています。

もしこれらカード類やローン関係の支払いで、滞納や延滞がない状態であれば、あなたもプロミスの審査に通る可能性はとても高いと言えます。

もし万が一、今現在もカード類で滞納があれば、まず先にそれらを解決してから審査を申し込むと、審査に通る見込みも高くなりますよ!

ポイント!

・カード類やローン関係の支払いで滞納や延滞がないか?
・今現在も滞納しているなら、支払いを済ませることが先決
・携帯電話の分割代金も審査条件に入るので注意!

 

3.必要書類を「正しく」提出している

意外と見落としがちなのが、審査に必要な書類を「正しく」提出できているかという点です。

最近はスマホを使う人が増えましたが、運転免許証の顔写真を隠したり、ピンボケが酷い写メを送信すると、再審査の対象になりやすいです。

ちなみに、収入証明書として、あなたの給与明細や源泉徴収票などを提出すると、プロミスでは審査の評価がグッと高くなります。

カードローン関係の審査では、返済能力を証明する書類はとても有効なので、手元に給与明細があればぜひ提出して行きましょう!

ポイント!

・運転免許証の顔写真を隠さない!
・写メのピンボケは再審査の対象!
・給与明細があれば提出した方が審査も有利に!

 

今すぐプロミスの審査に通る可能性をアップさせる方法!

今回はプロミスの審査に通るために、年収200万円以下の人で審査に通った人たちの特徴などをまとめました。

1.安定した収入がある

・年収は100万円以上が目安
・「手取り年収」で申告
・ウソをつかない!

2.返済履歴に滞納がない

・滞納や延滞がない状態にする
・滞納中なら先に返済する
・携帯の分割金も払っておく

3.必要書類は正しく提出

・運転免許証の顔写真を隠さない
・ピンボケは再審査の対象
・給与明細は出した方が有利!

実はこれらのポイントを以外にも「あと一つだけ」あなたが今すぐ実践できるとっておきの審査対策があるんです。

その対策というのが「限度額を10万円にする」という方法です。

画像

限度額を10万円にすると

・総量規制の対象になりにくい
・返済実績で枠を広げやすい
・あとから増額審査で限度額を増やせる

限度額は低い方が審査も有利になりやすい

つまり、プロミスの審査に少しでも確実に通りたいのであれば、初回審査では限度額を10万円くらいの低額に抑えるのがポイント!

プロミスならあとからいつでも増額審査を申し込めるので、まずは今すぐ必要なお金を借りておき、あとから本当に必要なお金を借りるのが賢い方法なんです。

この方法はプロミスの審査に限らず、他のどのカードローンでも使える対策なのでぜひ試してみて下さいね!

 

プロミスならあなたの問題を今すぐ解決してくれます!

今回はプロミスの審査に通るための方法を中心に解説しましたが、如何でしたでしょうか?

これを読んで少しでもあなたの参考になる部分がありましたら幸いです。

プロミスの審査で大切なことは、

年収の高さをアピールすることではなく、返済能力をアピールすること。

年収の高さも大切ですが、すぐに完済できそうな限度額で返済能力をアピールする方が、実はとっても効果的なんです。

今まで紹介してきたことを実践すれば、あなたもプロミスの審査に通ると思います。

最後まであきらめず、ぜひ審査を申し込んで下さい。

きっとプロミスならあなたの心強い味方になってくれること間違いありませんよ!

>>プロミスのさらに詳しい情報はこちら!<<

 

プロミスの審査で良くある質問

土日祝も審査はできる?

プロミスなら土日祝も即日審査・即日キャッシングに対応しています。

銀行振込を選ぶと翌営業日のキャッシングになりますが、自動契約機でカードを受け取れば、今日中に借りることができます。

審査時間は通常よりも長くなりませんので、余裕を持って早めに申し込むのがポイントです。

 

審査時間はどれくらい掛かりますか?

申込状況にもよりますが、最短で1時間で完了すると言われています。

ただし、申込内容に嘘があったり、本人確認書類が正しく読み取れなかった場合などは、通常よりも審査に時間が掛かるケースが多いです。

 

審査時間を短くする方法はありますか?

本人確認書類を写メで送るときに、ピンボケがない状態にするのが最も効果的です。

その他、効果的な対策としては「限度額を小さくすること」と「申告内容にミスをなくすこと」です。

限度額が小さいほど、審査時間も短くなりやすいですし、申告内容に嘘やミスがない方が、審査もスムーズに進みます。

特に携帯やメールアドレスの入力にミスがあると、連絡が取れなくなるので、連絡先だけは正確に申告する様にしましょう。

 

在籍確認の電話は掛かってくるの?

基本的にプロミスの審査では会社への在籍確認として電話を掛けてきます。

もしどうしても会社に電話を掛けられるのが嫌であれば、審査申し込みの段階で「電話を辞めて欲しい」と伝えるのが効果的です。

審査内容にもよりますが、対応してくれるケースもあるので、まずは気軽に相談してみましょう。

 

審査に必要な書類を教えて下さい

本人確認書類として「運転免許証」や「パスポート」などがあれば大丈夫です。

また審査内容によっては、2か月分の給与明細や、確定申告書などの提出を求められる場合があります。

もし審査を有利に進めたいのであれば、給与明細も合わせて出した方が審査に通る可能性としてはアップしやすいです。

 

どうしても審査に通らないときは?

審査に落ちる原因はさまざまですが、どうしても審査に落ち続けるのであれば、思い切って審査を申し込む期間を遅らせるというのがあります。

複数のカードローン審査に落ち続けると、しばらくの間、審査に無条件で落ちてしまう時期があります。

もし短期間で4社以上のカード審査を申し込んでしまっていたら、1か月以上期間を空けてから審査を申し込んでみて下さい。

 

限度額の引き上げはできるの?

プロミスなら、審査に通過した翌日から増額の相談ができます。

できれば、最低でも1回以上は返済実績を作ってからの方が、限度額の引き上げをしてもらいやすいです。

また他社カードローンで借入がある場合は、完済⇒解約をしておくと、プロミスの限度額も枠が広がりやすいです。

 

返済方法について教えて

プロミスの返済方法は「カード払い」「銀行振込」「口座引き落とし」の3つの中から選ぶことができます。

プロミスだと「カード払い」が一般的で、提携のコンビニ・銀行ATMにカードを差し込めば、返済をすることができます。

また返済日は5日、15日、25日、末日の中から、あなたの都合に合わせて選ぶことができます。

返済日や返済方法の変更はいつでもできるので、まずはプロミスに気軽に相談してみて下さい。

 

プロミスの毎月の返済額はいくらになるの?

プロミスの返済は「残高スライド元利定額返済方式」と呼ばれている方法で返済額が決まります。

これは借入の残高によって返済額と返済回数が決まる方法のことです。

詳しくは以下の表を参考にして下さい。

お借入残高 ご返済額 ご返済回数
30万円以下 お借入後残高 × 3.61% (1,000円未満切り上げ) ~36回
30万円超過
~100万円以下 お借入後残高 × 2.53% (1,000円未満切り上げ) ~60回
100万円超過 お借入後残高 × 1.99% (1,000円未満切り上げ) ~80回

ちなみに、借入残高が30万円だと、毎月の返済は8700円になります。

 

銀行カードローンとどこが違うの?

銀行カードローンと比較した場合、プロミスは審査時間も早く、即日キャッシングまでがスピーディーです。

他にもプロミスなら借りた日から30日間無利息でキャッシングできるので、一時的な借入にはプロミスの方が有利だったりします。

ちなみにプロミスなら、ポイントサービスに加入するれば無利息キャッシングを何度でも利用できるので、使い方次第では一番安いカードローンになり得ます。

提携ATMの数や自動契約機の数も多いので、使い勝手の良さなら銀行カードローンよりも上だと思いますよ。

>>プロミスのさらに詳しい情報はこちら!<<