はじめてのアコム、はじめての無人くん

私と同じタイトルを書いた方は、恐らくたくさんいることと思います。当時は、グラビアの小野真弓さんがアコムのお姉さんを演じ、とても話題になっていました。改めて、コマーシャルなどのメディアの影響は凄いと思いました。私もその影響を受け、アコムの無人契約機に足を運んだ中の一人です。今は、カードローン自体、銀行との提携もあり、悪い印象はなくなっていますが、その当時は、どこか後ろめたさを感じる商品だったと個人的には思っていました。だからこそ、無人契約機は有効だったと思います。約1時間で審査を終え、その場でカードを発行して貰いました。この手軽さにとても助けられた事もありましたが、私の場合、ヘビーユーザーになってしまいました。アコムの小野真弓さんが出てくる前に、どうする、アイフル、というコピーで、チワワを起用したCMがかなり流れていました。こちらもとても話題になったCMですが、どこか胡散臭い商品だと、思っていましたが、アコムでいわゆるアイドルを起用したことで、その面が払拭され、より身近で、信用のできるものになったと、その当時は感じていました。いずれにしても、私たちの生活の中で目にする広告の影響は大きい、と思いました。総量規制対象外カードローン